とあるいち聖書ライターのブログ

聖書からヒントを得て

先入観にとらわれない聖書解釈のもと、

聖書に興味がある方に見てもらうためのブログ

徳を高めるための預言

徳を高めるための預言


「 あなたがたが神のみこころを行って、約束のものを手に入れるために必要なのは忍耐です。」


(へブル10:36)



携帯電話の天気予報のアプリなどは、かなりの誤差が出る場合があります。


先週の予報では、今週の沖縄は、約21度程度の気温と予報されていました。


あるお世話になっている教会の牧師は、天気を当てることが上手いのですが、人の動きや


世界情勢を先読みすることが上手い人たちの予測が外れることもあるように、


気象予報士も気温の予報の誤差が出


て予測が外れる場合があります。


11月にも関わらず、沖縄の気温が26度もあるのはやはり温暖化現象でしょう。


教会に通うクリスチャンの行動は有名な教会であれば、あるほど良くも悪くも人から行動


を注目されていたりするものです。


世界情勢に関しては予測することで、危険を回避したり、利益を上げたりするものです


が、教会の預言的な役割を果たすメッセージなどをする教会では、人に気づきを与え、そ


の徳を高めることが一番の狙いです。


つまり、迫害の多い世界の終末預言にしてみても、それを回避するためにクリスチャンは


神に祈る場合もあるということです。


聖書に信憑性があると信じる世間の人々は少ないのかもしれませんが、旧約聖書の中の預


言者エリヤのように神様に祈ることで雨を降らせる人も存在したように、信仰の熟練者で


あれば、それなりに天気を予測しやすいのかもしれません。


ただ、一つ言えることは、旧約聖書では、災害を与えるという神の示しが与えられたヨナ


のような人物もいましたが、人々の悔い改めを見て、神は災害を与えることを思い直した


とあるように、予測の上手い人は、人々に損害を与えないために、世界情勢にしろ、天気


予報にしろ、情報を与えていくことは大切だと言えます。


今の時代に神からのお告げを受ける人が存在するのかは、分かりませんが、私自身、気を


つけていても至らないこともあるかとは思いますが、情報を配信す


るときは、人々に与える心理面のみならず、分析された先読みなど、あらゆる事を


想定して、損害の出にくいような情報を流していくことを心がけていくことは大


切かもしれません。