とあるいち聖書ライターのブログ

聖書からヒントを得て

先入観にとらわれない聖書解釈のもと、

聖書に興味がある方に見てもらうためのブログ

無から在を生み出すアイディア

無から在を生み出すアイディア



「 主のことばによって、天は造られた。天の万象もすべて、御口のいぶきによって。」
(詩編33:6)



         In or Out
        ↕ 
      カーブ→ □ ←ストップ
                             ↑
                       Base
                             
  □ の中央部には, Line Or Boder                                                 答え (ペンケース、名刺入れ)


 この図を見て何を連想するでしょう?人によっては野球の投手の配球を連想する方もいらっしゃるかもしません。これは、ある創造と発想力を鍛えるアイディアを生み出すクイズです。


 〇一つの紙を、切っても曲げても良いが、テープやノリを使ってはいけません。道具を使わず不要なゴミを出さず、なるべく傷つけずに、何でも良いので、何が造れますか? そして、思いついて造れたものが答えです。その答えをより簡潔に一つの図で誰かに「この図から何を連想しますか?」と問題とヒントを出すまでがこの問題の答えです。
 と言ったようなクイズです。


 私の場合、一つの紙で、道具も使わず、ゴミも出さず、テープやノリも使わずに作れた物は、簡単な「名刺入れのサンプル」のようなものや、「ペンケースのサンプル」のようなものしか造れませんでした。 しかし、何も道具を使わず一つの紙で何かを創造するということはとても難しいものでした。  折り紙が得意な人の場合、もっとたくさんのものを思いつき作れるのかもしれませんが、私の場合幼いころ折り紙であそんだ記憶はあまりありませんでした。
 これは、アイディアを連続して生み出す、アイディアで遊ぶゲームのようなものです。
このように、人は工夫をすることによって、何かを生み出し造り出すこともできるのです。
このアイディアは、一人のあるアメリカ人宣教師がSNSで家族で投稿していた内容をヒントに思いつきました。
 その投稿の内容は、一つの紙で、クッキーケースを造るというものでした。それは、傷もつけずにゴミも出さずに、テープもノリも使わずに、折り曲げるだけでクッキーケースを作るというとても、絶妙なアイデアの折り紙の説明を図で簡潔にあらわしていたのです。
 ここに人のアイディアはすごいものだなと感動を覚えたものです。


 神様は、何もない闇の中から、「光よあれ」と仰せられて、天と地を造られたと聖書にはあります。
私たちには、何かがないと何も作り出せません。しかし、神様は無から在を生み出すことのできるまさにクリエイティブなアイディアの塊の創造者なのです。私たちは、生きているうえでは仕事をせねばなりません。しかし、この仕事をする上でも、企画やアイディアといったものは欠かせないものであり、あらゆる工夫が問われるのです。まさに、神を信じるなら人間を神のかたちに造られたという神の創造の賜物である、アイディアの性質がより発揮されるのかもしれません。




♦聖書ライター生活を支援してくださる方がおりましたら、
mi.ta.gn2003@gmail.com
まで、支援してくださる内容とお名前を添えて返信くださいませ。